• 徒然草―美術で楽しむ古典文学
  • 徒然草―美術で楽しむ古典文学
  • 徒然草―美術で楽しむ古典文学
  • 徒然草―美術で楽しむ古典文学
  • 徒然草―美術で楽しむ古典文学

徒然草―美術で楽しむ古典文学


東京ミッドタウン サントリー美術館(ガレリア3F)

都営大江戸線 六本木駅 徒歩1分

水曜, 7月9日 10:00
¥1,300
¥1,200

100円割引クーポン
http://www.suntory.co.jp/sma/map/

サントリー美術館 「徒然草―美術で楽しむ古典文学」

開催概要

鎌倉時代後期、兼好法師(生没年未詳)によって書かれたとされる『徒然草』は、名文の誉れ高く、『枕草子』『方丈記』とともに日本三大随筆に数えられます。「つれづれなるままに」の序段で始まる『徒然草』は、今や古典文学のなかでも最も親しまれた作品の一つといえるでしょう。
本展では、近年館蔵品に加わった海北友雪筆「徒然草絵巻」を初公開するとともに、屏風や絵本などの美術作例を通して、一度は読みたい、今こそ知りたい『徒然草』の名場面をたどります。『徒然草』といえば無常観の文学といわれますが、兼好は、「無常」という時代の既成概念に挑み、現世にあっていかに生きるべきか、いかに楽しむべきかを探究した現実主義の人でした。本展では、兼好の心うつりゆく世界を美術作品とともにぜひお楽しみください。

【会場】
サントリー美術館(ガレリア3F)

【開催日時】
2014年6月11日(水)~7月21日(月・祝)
10:00~18:00
※金・土、および7月20日(日)は20:00まで開館
※いずれも入館は閉館の30分前まで
※shop×cafeは会期中無休

【休館日】
火曜日

【入場料】
(当日)一般¥1,300、大学・高校生¥1,000、中学生以下無料
(前売)一般¥1,100、大学・高校生¥800

【お問い合わせ】
TEL:03-3479-8600

【その他】
[HP割]
ホームページ限定割引券提示で¥100割引
[携帯割]
携帯サイトの割引券画面提示で¥100割引
[あとろ割]
国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示で¥100割引
※団体は20名様以上、¥100割引
※他の割引との併用はできません

※イベントの詳細(開催時間・料金等)は各施設の公式サイトで最新情報をご確認ください。
※お問い合わせは直接各施設にお願いいたします。
※関連プログラムに関しましては、サントリー美術館Webサイトをご覧ください。