• 見田村千晴
  • 見田村千晴
  • 見田村千晴
  • 見田村千晴
  • 見田村千晴
  • 見田村千晴

見田村千晴


代官山 蔦屋書店3号館 2階 音楽フロア

東急東横線 代官山駅 徒歩5分

水曜, 4月23日 20:00
Free

見田村千晴
ミニライブ&サイン会
2014年4月23日(水)
日程: 2014/04/23
会場: 代官山 蔦屋書店3号館 2階 音楽フロア
時間: Start 20:00
料金: Free
※サイン会には参加券が必要です。

昨年9月にミニアルバム「ビギナーズ・ラック」でメジャーデビューを果たした、ニューフォークの新星 見田村千晴のセカンドミニアルバム発売を記念してインストアイベントが決定!
今注目の女性シンガーソングライター、是非生のライブをご覧下さい!

【プロフィール】
見田村千晴(みたむら・ちはる)
1986年5月15日生まれ、岐阜県出身。血液型O型。シンガーソングライター。

【経歴】
2歳からピアノ、3歳からヴァイオリンを始める。
高校では音楽部に入る。合唱部で全国大会1位を獲得する。
2005年、大学進学とともに春に上京。バンドサークルに入りギターを練習し始める。
バンドを組んで、自分の曲を初めて人前で演奏するようになる。
2007年春よりソロで、ギター弾き語りでのライブ活動を始める。
以来、年間100本以上のライブを行うほか、3枚の自主制作CDを発表、
自主企画ライブ『ヨコロビ』やワンマンライブの開催など精力的に活動。
2011年、タワーレコード主催のオーディション「Knockin'on TOWER's Door」にて準グランプリを獲得し、
6月に1st Album『いつかのように』をリリース。
その後、ユニクロ「ヒートテック」CMにも出演し、イベントLIVEでは2000人の前でオープニングアクトを務める等、
着実に活動の幅を広げてきた。
2012年、2nd Album『I handle my handle』をリリース。
キレイゴトだけではなく人間の弱さや醜さに向き合い書かれた歌詞、
シンプルな楽器編成だが厚みのあるサウンドとその中心にある歌声は、時に強く、時に優しく響いてくる。
世界最大の気象情報会社ウェザーニューズが季節ごとに無料配信する「ソラウタ」に選ばれ、
累計100万ダウンロードを達成した『雨と空言』や、
TBS系TV「みのもんたの朝ズバッ!」のエンディングテーマ『愛がそこに無くても』、
そして、中島みゆきのカヴァー曲『ヘッドライト・テールライト』を収録。
旺盛な好奇心と行動力を軸に精力的に活動してきた彼女が自身を詰め込んだこのアルバムは、
更なる飛躍を遂げるきっかけとなる。
そして、2013年9月ミニアルバム「ビギナーズ・ラック」でビクターレコーズよりメジャー・デビュー。

【イベント参加方法】
ミニライブは観覧フリーです。代官山 蔦屋書店の店頭またはオンラインストアにて
4/16発売「寝そべった夕暮れを切り裂いてバスはゆく」(VICL-64146)を
お買い求め頂いたお客様には「サイン会参加券」を差し上げます。
「サイン会参加券」をお持ちの方は、ミニライブ終了後のジャケットサイン会にご参加いただけます。
イベント当日「サイン会参加券」とお買い上げのCDジャケットを必ずご持参ください。

【ご注意事項】
・混雑状況により入場制限をする場合がございます。
・都合によりやむを得ず・中止・内容変更になる場合がございます。
・ご不明点は代官山 蔦屋書店 3号館2階音楽フロアまで予めご確認ください。
 お問い合わせ:03-3770-2525
・オンラインストアでの受付は2014/4/19(土)の受注分までとさせていただきます。