• J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S TAKESHI KOBAYASHI EDITION
  • J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S TAKESHI KOBAYASHI EDITION
  • J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S TAKESHI KOBAYASHI EDITION
  • J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S TAKESHI KOBAYASHI EDITION
  • J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S TAKESHI KOBAYASHI EDITION

J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S TAKESHI KOBAYASHI EDITION


六本木ヒルズアリーナ

地下鉄日比谷線 六本木駅 徒歩3分

火曜, 5月6日 13:00
Free

J-WAVEと六本木ヒルズは、音楽、アート、パフォーマンスなど様々な表現を発信するイベントを、 2008年のゴールデンウィークより始動しました。J-WAVEと六本木ヒルズがこれまで取り組んできた文化発信を、 より多くの方々が身近に体感・参加できる、特別プログラムイベントを、毎年5月のゴールデンウィークに毎年開催します。 それが、TOKYO M.A.P.S。

TOKYO M.A.P.S それはまさに「東京の地図」です。
しかしその地図には道も場所も記されていません。
しかも一枚ではありません。紙ですらありません。
その地図はMusic. Art. Performance.の地図です。
その M.A.P が複数(S)集まり、
Showcaseの中でSpecialなStreamとなってSessionするSeries。
それがTOKYO M.A.P.Sです。

このキャンバスに地図を描いてくれる“オーガナイザー”は毎年変わります。今年、2014年のオーガナイザーは小林武史。 常にJ-POPシーンの第一線で活躍し、数々のアーティストへの楽曲提供など、 幅広い交流を持つ小林武史がどんな音を六本木ヒルズで紡ぐのか、ご期待下さい。

■ 開催概要

開催期間
2014年5月5日(月・祝)~5月6日(火・休)
会場 六本木ヒルズアリーナ
入場料金 無料
主催 J-WAVE、六本木ヒルズ

出演
5.5 Mon
13:00~ 赤い公園
14:00~ 青葉市子
15:00~ 藤巻亮太
16:00~ Salyu
17:30~ スガシカオ
19:00~ 田島貴男(ピチカート・ファイヴ/ ORIGINAL LOVE)

5.6 Tue
13:00~ パスピエ
14:00~ 桐島ノドカ
15:00~ 黒木渚
16:00~ 曽我部恵一(Sunnyday Service)
17:30~ ストレイテナー
19:00~ 細野晴臣(Yellow Magic Orchestra)

桐嶋ノドカ(きりしま のどか)

「大切なひとに どうか 温かなしあわせが訪れますように」と、祈るように歌う。彼女の歌声はまっすぐで嘘がない。 3歳からピアノを始め、13歳で聖歌隊に入り、歌うことにのめり込む。 高校入学と同時期にキャロル・キングやノラ・ジョーンズなどに影響を受け、弾き語りを始める。次第に自身の「思い」を歌うようになり、高校を卒業する頃にはシンガーソングライターの道へ進むことを決める。 2012年夏、デモ音源を音楽プロデューサー・小林武史へ送ったことがきっかけとなり、同氏が代表を務める音楽事務所「OORONG-SHA」のスタジオに通い始める。 華奢で小柄な外見からは想像がつかないパワフルな歌声は、聴くものに強烈なインパクトを残す。今春、大学を卒業し、本格的にアーティスト活動をスタートする要注目の新人アーティスト。

黒木渚
黒木渚(くろき なぎさ)

宮崎県出身のミュージシャン。2010年12月に自らの名前を掲げたバンド「黒木渚」を結成。2012年12月にデビューシングル「あたしの心臓あげる」をリリース。2013年3月には1stミニアルバム『黒キ渚』をリリース。同年8月には大型野外フェス「SUMMER SONIC 2013」のSONIC STAGEに出演し、新人らしからぬ堂々としたパフォーマンスで会場を大いに沸かせた。しかし、2013年12月19日に突如バンド解散を発表。14年からソロとしての活動を開始した。2014年4月2日にフルアルバム「標本箱」をリリース。

http://www.kurokinagisa.jp/

ストレイテナー
ストレイテナー

1998年ホリエアツシ(Gtr.、Key&Vo.)とナカヤマシンペイ(Dr.)の2人で始動。 2003年メジャーデビューとともに日向秀和(Ba.)加入、2008年には大山純(Gtr.)が加わり、鉄壁の4人編成に。 2009年初の日本武道館公演が成功、2010年も屈指のLIVEバンドとして数々の夏フェスに出演、大舞台をおおいに沸かせた。 2011年初のセルフタイトルを冠したアルバム「STRAIGHTENER」を発表。 ソロプロジェクトentとしての活動も精力的に行うホリエ。高いプレイヤビリティと秀逸なる音楽センスの良さ故、ジャンルを問わずひっぱりだこの日向は、Nothing's Carved in Stone、EOR、killing Boyでも活躍をしている。ナカヤマと大山も、another sunnydayを結成、すでに3枚のアルバムをリリース。この4人が生み出す作品は、常に新たなる刺激と革新性に満ちあふれている。 2012年10月には、山田孝之主演テレビ東京系ドラマ24「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」オープニングテーマとなる表題曲を含む、ニューシングル「From Noon Till Dawn」をリリースし、話題となった。 メジャーデビュー10周年を迎えた2013年2月17日には、2度目となる日本武道館LIVE、【ストレイテナー10th Anniversary 2013.2.17 Live at 日本武道館`21st CENTURY ROCK BAND'】を敢行(SOLD OUT!)し、ファン投票で選ばれた上位30曲を3時間にわたって演奏。 5月1日には、初のベスト盤「21st CENTURY ROCK BAND」をリリース。 その後、6年ぶり2回目となる47都道府県ツアー「21st CENTURY ROCK BAND TOUR」(全52公演)を敢行。怒涛の10周年イヤーを駆け抜ける。 2014年も、アグレッシブかつ挑戦的な活動ペースを緩めることなく、メジャーデビュー20周年に向け、新たな一歩を踏み出す。

http://www.straightener.net/

曽我部恵一
曽我部恵一(そかべ けいいち)

1971年生まれ。1994年にサニーデイ・サービスとしてメジャーデビュー。2000年サニーデイ・サービス解散、2001年よりソロ活動開始。2004年には自身のレーベル<ROSE RECORDS>を設立、同時期に曽我部恵一BANDを結成。2008年にはサニーデイ・サービスの活動を再開。2013年末、ソロアルバム『超越的漫画』、次いでアナログシングル『汚染水』を発表。高い評価を得る。2014年2月にアナログシングル『それはぼくぢゃないよ』、3月5日には23曲入りのソロNEWアルバム『まぶしい』が発売。

http://www.sokabekeiichi.com

パスピエ
パスピエ

Vocal: 大胡田なつき/Keyboard: 成田ハネダ/Guitar: 三澤勝洸/Bass: 露崎義邦/Drums: やおたくや

2009年に成田ハネダ(key)を中心に結成。バンド名はフランスの音楽家ドビュッシーの楽曲が由来。卓越した音楽理論とテクニック、70s~00sまであらゆる時代の音楽を同時に咀嚼するポップセンス、ボーカルの大胡田なつきによるMusic Clipやアートワークが話題に。2011年に1st ミニアルバム「わたし開花したわ」、2012年に2nd ミニアルバム「ONOMIMONO」をリリースし、ロング・セールスを記録中。2013年3月に初のシングル「フィーバー」をリリース、6月12日にメジャー1stフルアルバム「演出家出演」を発表。その後数々の大型ロックフェスに出演、好評を博し、また東阪で行われたパスピエ主催によるイベント”印象A”、 ”印象B(w/the band apart)”もソールドアウト。2010月末から12月21日の赤坂BLITZまで初のワンマンツアー「印象・日の出」、追加公演「印象・日の出外伝」を開催、全箇所ソールドアウトし成功を収める。

http://passepied.info/

細野晴臣
細野晴臣(ほその はるおみ)

1947年東京生まれ。音楽家。1969年エイプリル・フールでデビュー。1970年はっぴいえんど結成。1973年ソロ活動を開始。同時にティン・パン・アレーとしても活動。1978年イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)を結成。YMO散開後は、ワールド・ミュージック、アンビエント・ミュージックを探求、作曲やプロデュースなど多岐にわたり活動。2013年ソロアルバム「Heavenly Music」をリリース。

http://hosonoharuomi.com/

http://daisyworld.co.jp/