• J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S TAKESHI KOBAYASHI EDITION
  • J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S TAKESHI KOBAYASHI EDITION
  • J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S TAKESHI KOBAYASHI EDITION
  • J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S TAKESHI KOBAYASHI EDITION
  • J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S TAKESHI KOBAYASHI EDITION
  • J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S TAKESHI KOBAYASHI EDITION

J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S TAKESHI KOBAYASHI EDITION


六本木ヒルズアリーナ

地下鉄日比谷線 六本木駅 徒歩3分

月曜, 5月5日 13:00
Free

J-WAVEと六本木ヒルズは、音楽、アート、パフォーマンスなど様々な表現を発信するイベントを、 2008年のゴールデンウィークより始動しました。J-WAVEと六本木ヒルズがこれまで取り組んできた文化発信を、 より多くの方々が身近に体感・参加できる、特別プログラムイベントを、毎年5月のゴールデンウィークに毎年開催します。 それが、TOKYO M.A.P.S。

TOKYO M.A.P.S それはまさに「東京の地図」です。
しかしその地図には道も場所も記されていません。
しかも一枚ではありません。紙ですらありません。
その地図はMusic. Art. Performance.の地図です。
その M.A.P が複数(S)集まり、
Showcaseの中でSpecialなStreamとなってSessionするSeries。
それがTOKYO M.A.P.Sです。

このキャンバスに地図を描いてくれる“オーガナイザー”は毎年変わります。今年、2014年のオーガナイザーは小林武史。 常にJ-POPシーンの第一線で活躍し、数々のアーティストへの楽曲提供など、 幅広い交流を持つ小林武史がどんな音を六本木ヒルズで紡ぐのか、ご期待下さい。

■ 開催概要

開催期間
2014年5月5日(月・祝)~5月6日(火・休)
会場 六本木ヒルズアリーナ
入場料金 無料
主催 J-WAVE、六本木ヒルズ

出演
5.5 Mon
13:00~ 赤い公園
14:00~ 青葉市子
15:00~ 藤巻亮太
16:00~ Salyu
17:30~ スガシカオ
19:00~ 田島貴男(ピチカート・ファイヴ/ ORIGINAL LOVE)

5.6 Tue
13:00~ パスピエ
14:00~ 桐島ノドカ
15:00~ 黒木渚
16:00~ 曽我部恵一(Sunnyday Service)
17:30~ ストレイテナー
19:00~ 細野晴臣(Yellow Magic Orchestra)

赤い公園

高校の軽音楽部の先輩後輩として出会い、佐藤千明(Vo)、藤本ひかり(Ba)、歌川菜穂(Dr)の3名によるコピーバンドにサポートギターとして津野米咲(Gt)が加入。そのまま現在に至る。 2010年1月結成。東京:立川BABELを拠点に活動を始め、デモ音源「はじめまして」、ミニ・アルバム「ブレーメンとあるく」の2枚の自主制作盤をリリース。2011年10月にはカナダツアー「Next Music from TOKYO vol.3」に参加。2012年2月ミニ・アルバム「透明なのか黒なのか」をEMIミュージック・ジャパンより発売。同年5月にミニ・アルバム「ランドリーで漂白を」、9月にはシングル「のぞき穴」を発売。約半年の活動休止を経て、2013年3月1日活動再開を発表。5月に復活祭と称した東名阪ツアーを実施。全会場SOLDOUTとなる。

2013年7月復活盤「今更/交信/さよならは言わない」、8月にファーストフルアルバム「公園デビュー」を発売した。圧倒的な演奏力と存在感から、今年最もブレイクが期待されるバンドとして高い評価を受けている。また、作詞・作曲・プロデュースを務める津野の才能がアーティスト・クリエイターから注目を集めており、SMAP「Joy!!」の作詞・作曲、南波志帆「ばらばらバトル」の作詞・編曲等の楽曲提供を行うなど、活動の幅を広げている。

http://akaiko-en.com/

青葉市子
青葉市子(あおば いちこ)

17歳からクラシックギターを弾き始め、2010年1月、19歳の時に1stアルバム「剃刀乙女」でデビュー。 これまでに3枚のオリジナル・アルバムを発表。 13年8月には、13年元日にOAされたNHK-FM「坂本龍一 ニューイヤー・スペシャル」のスタジオ・セッション(細野晴臣、坂本龍一、小山田圭吾、U-zhaanが参加)をCD化した、 「ラヂヲ/青葉市子と妖精たち」をリリース。10月23日には1年半振りとなる4thアルバム「0」をリリース。

http://www.ichikoaoba.info/

Salyu
Salyu(サリュ)

2000年、Lily Chou-Chouとして2枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。彼女の歌が全編にフィーチャーされた岩井俊二監督作品、映画『リリイ・シュシュのすべて』が公開される。

2004年、小林武史プロデュースのもとSalyuとしてデビュー。以降17枚のシングル、4枚のアルバム、1枚のベストアルバムをリリース。優しく力強い圧倒的な歌声は楽器と評されるほどに聞くものを魅了する。

2011年には、「salyu × salyu」としてCornelius=小山田圭吾との共同プロデュース作品「s(o)un(d)beams」を発表し、数多くの海外フェスへの出演により国外でも注目される。

2014年はデビュー10周年となり、共に映画主題歌として話題の最新曲「アイニユケル / ライン」をリリース、中野サンプラザでのワンマンライブ開催と大きな話題となる。5月からは「a brand new concert issue " m i n i m a " - ミニマ - Salyu × 小林武史 vol.2」を開催する。

http://www.salyu.jp/

スガシカオ
スガ シカオ

1997年デビュー。1998年にはSMAPの「夜空ノムコウ」の作詞を手がけ大きな注目を浴びた。 2011年、所属事務所からの独立を発表、同時に活動の場をインディーズに移す。 2013年4月に約2年半ぶりのCDシングル「アイタイ」をメジャーリリース、各チャートで軒並み上位を記録し、シーンにおけるその存在感をあらためて示す。 その後も最新アルバム「ACOUSTIC SOUL」を自身のレーベルからリリースし、iTunesで1位を記録するなど、メジャー、インディーズの枠組みにとらわれず活動をおこなってきたが、今春、ビクタースピードスターレコーズと契約することを発表、ついにメジャーフィールドに完全復帰する。

Official HP: http://www.sugashikao.jp/

Twitter: https://twitter.com/#!/shikaosuga

Facebook: http://www.facebook.com/Shikaosuga

Ameba-blog: http://ameblo.jp/shikao-blog/

ニコニコチャンネル「スガシカオのやるしかねーだろ!?」:
http://ch.nicovideo.jp/sugashikao

SPEEDSTAR RECORDSスガ シカオHP:
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A024346.html

田島貴男
田島貴男(たじま たかお)

1966年4月24日、東京生まれ。 1985年に結成した前身バンドが87年にオリジナル・ラヴと改名。(現在の表記はオリジナル・ラブ) 1988年、オリジナル・ラヴと並行し、ピチカート・ファイヴに加入(1990年まで)。 1991年にオリジナル・ラヴとして『LOVE! LOVE! & LOVE!』でメジャーデビュー。(第 33回日本レコード大賞最優秀アルバム・ニュー・アーティスト賞を受賞) 代表作として、シングル『接吻』(日本テレビ系土曜グランド劇場『大人のキス』主 題歌)、『プライマル』(読売テレビ ・日本テレビ系ドラマ『オンリー・ユー~愛さ れて~』主題歌)。アルバム『風の歌を聴け』などがある。 近年では2010年1月の元旦より キリン淡麗<生>のCMソングで「ボラーレ! (Nel Blu,Dipinto Di Blu)」の日本語カヴァーが使用され話題になる。 2011年養命酒製造「ハーブの恵み」CMで「なごり雪」を歌う。 2012年6月、田島貴男名義でのライヴCD、DVD「ひとりソウルショウ」を、11月にオリジナル・ラブとして初のライヴアルバムとなる「Overblow Tour 2012 Live in Shibuya Club Quattro」をリリース2013年6月、ニューアルバム「エレクトリックセクシー」をリリース。 2014年 サントリー角瓶CMにて「ウイスキーがお好きでしょ」を歌う。 ドラマの主題歌やCM音楽の担当、アルバムプロデュースなど、その活動は多岐に渡る。近年はバンドスタイルではなく田島がひとりでループマシーンを駆使して行う「ひとりソウル」スタイル、もしくは弾き語りでのライブで新機軸をみせる。 またwebサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」の「田島貴男のオレのニュース」は人気コン テンツとして話題を集めた。

ORIGINAL LOVE official WEB SITE:
http://www.originallove.com/

藤巻亮太
藤巻亮太(ふじまき りょうた)

2000年12月にレミオロメンを結成。
2003年8月1st Single『電話』でメジャーデビュー。
2005年リリースの8th Single『粉雪』は自己最高のヒットとなる。
2009年、彼らにとって大事な日でもある3月9日に初のBEST ALBUM『レミオベスト』をリリース。
2012年2月、活動休止を発表。大震災以降、音楽と向き合い、被災地の学校を中心にライブを行い歌い続けてきた楽曲でもある『光をあつめて』をソロデビューシングルとして2012年2月リリース。全国のフェス/イベントへ多数出演し、ソロ藤巻亮太の歌の世界観が凝縮された待望の1st Album『オオカミ青年』が10月17日にリリース。
2013年1月~2月に『TOUR 2013 “オオカミ青年”』ツアーを敢行。9月~11月には自身初となる弾き語りツアー『明日の歌旅 2013』を行う。
2014年春、『明日の歌旅 2014』が決定。

http://www.fujimakiryota.jp/